大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良の賃貸物件情報
エスリード賃貸の賃貸マンションサイト

入居者の退去〜
次回入居募集まで

退去における複雑な処理もエスリード賃貸にお任せください!

入居者の退去が決まると同時に、次の入居者募集の準備を始めなければなりません。
準備にあたり様々な業務が発生します。ここではその流れを説明します。

1現在の入居者の退去

Image

入居者の退去は賃貸借契約書上1ヶ月前告知となっていますので、退去の1ヶ月前にまず当社へ連絡が入ります。
退去の連絡が入りますと、オーナー様へ退去の旨をお知らせし、同時に次回の入居者募集の準備に取り掛かります。

POINT1ヶ月前告知について

1ヶ月前告知とは、入居者が退去するにあたり、退去日を当社へ連絡のあった日を起算日として1ヶ月前までにご連絡いただくことを意味します。但し、当社の手続き上、オーナー様に対しての解約のご連絡に若干の差異が発生することがあります。あらかじめご了承ください。

2次回入居者募集条件の確認

Image

オーナー様への退去のご案内をお知らせすると同時に、次回入居者の募集内容を再度「賃貸募集条件確認書」で確認します。

3現入居者の退去の立会い

Image

退去の連絡から約1ヶ月後、現入居者が退去するにあたり、立会い業務が発生します。立会い業務とは、オーナー様に代わって現入居者からカギを預かり、室内の状況を確認することを意味します。一般的に入居者の故意・過失による破損箇所がない場合は、オーナー様の負担で次回入居者募集のためのリフォームを行います。

POINTリフォームに関する負担割合について

オーナー様の最も気になるポイントは、現入居者の負担割合がどのように決められるのかということでしょう。当社では東京都が制定した「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン(一般的に東京ルールと呼ばれています)」を基本として負担割合の決定を行っております。

4退去に伴う精算業務

Image

退去の立会いが終わると、退去に伴う精算業務が発生します。
当社では「退去精算書」の名目でオーナー様へお知らせします。
主なものとして敷金、日割り家賃の返金等ですが、「あんしんプラン」をご利用されると、敷金がある場合は当社がお預かりしますので、敷金の返金は発生しません。

5リフォームについて

Image

「現入居者の退去の立会い」でご説明した通り、退去立会いが終わると同時に、次の入居者募集に向けてお部屋のリフォームを行わなければなりません。
当社では、可能な限り迅速にオーナー様宛へ「リフォーム見積書」をご案内致します。見積書の内容に質問等あれば、ご遠慮なくご連絡ください。
オーナー様には「リフォーム見積書」をご確認の上、代金のお振込みをして頂きます。
入金確認ができましたら、リフォーム工事に取り掛かります。

POINTリフォーム工事について

オーナー様からのご入金がない場合は、いつまでもリフォーム工事に取り掛かれません。リフォーム工事が終わっていないからといって、入居者案内ができないわけではありませんが、案内された部屋がリフォーム工事された部屋かどうかでかなり見栄えが違います。当然リフォームされたお部屋の方が次の入居者の決定が早いものです。リフォーム工事代金は早めにお振込みください。